業務内容

HOME > 業務内容 > 輸出への取り組み

  • このページをメールする
  • このページをプリントする

輸出への取り組み

応援します、青果物輸出。

 和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中の人々が和食に関心を持ってもらえるようになっています。日本の果物は世界の中でもトップレベルに位置していると思います。形状へのこだわり、味へのこだわり、果実そのものが持つ特徴は日本人だけで食べるのはもったいない!また、海外で和食を食べてもらうには原材料として日本からの野菜が必要になります。
 日本食材の活用促進(Made FROM Japan)、日本の食文化・食産業の海外展開( Made BY. Japan)、日本の農林水産物・食品の輸出拡大. (Made IN Japan)、ビジネスチャンスのありそうな今、当社は輸出業務にも力を入れていきます。
 2014年には様々な企業や行政の連携する「長野県農産物等輸出協議会」の会員企業として、東南アジア(特に香港)をターゲットに「桃」「梨」「りんご」の取引実績としてあげる事が出来ました。長野県内の輸出を考えている生産者の方々がいらっしゃいましたら輸出のお手伝いをさせていただきたいと思いますので是非お問合せください。

戻る